ブログ初心者への応援歌「まだ、ブログなんて書いてるの?」

ブログを使って副業したいけど、いまいち上手くいかないあなたを導くためのブログです。

「実績がない初心者」のためのブログ記事作成法

      2016/05/11


この記事の所要時間: 51

今日は先日に引き続き、
「実績がない」方がブログを始めるための
壁を打ち破るための内容となっています。

あなたが「実績がない」ことを理由に
ブログを始められないのであれば、
今日の記事は助けになるかもしれません。

なお、ここでいう「実績がない」は
先日の記事と同じ定義です。
「自信がない」とほぼ同じ意味でして。

・専門知識に自信がない
・自分の経験に自信がない

このような条件に当てはまる方を指します。

それでは、参ります。

 

では、さっそく自信をつけてみましょうか。

結局、ここでいう「実績がない初心者」とは
自信がないので一歩を勧められない人のことです。

つまり今までの人生で

・抜きんでた専門知識を身に着けていない
・特殊な経験/価値のある体験などをしていない
(・稼いだ経験がない)

という人のことです。

もっとも、その人が本当に専門知識を持っていないのか、
もしくは価値ある体験をしてこなかったのかは置いておき。
自身がそのように思っている状態の人です。

で、特にあなたがいわゆる「稼ぐ系」のブログを
運営しようとする場合には

「実績」=「稼いだ経験」

となります。つまりは

「実績がない」=「稼いだ経験がない」=「披露できる経験がない」

ということです。

なので、裏を返せば
専門知識を身に着けたり経験を積めば、自信を持って
ブログを更新したりコンテンツを作ったりできる
考えているということですよね。

で、経験を積むには実践が必要ですし、
ものによっては長い時間が必要となるでしょう。
実際、ここが「稼いだ実績」を作る最難関ですし。

では、知識って本当に身に着けられませんか?

例えば、あなたがFacebookを始めたとしましょうか。
Facebookの使い方はインターネットで検索すると、
公式から個人のブログまで様々出てきます。

書店に行けば本も沢山手に入ります。

それらを見ながら操作すれば、1日もせずに
アカウント登録から基本操作までは
すべてできるようになるでしょう。

そして、その過程をまとめて記事にするならば、
それだけでも価値のある情報となります。

「Facebookなんで今どき誰でも使ってますよ。」

Facebook では不満だというならば、
例えば投資の本でも、心理学の本でも。

ある程度の専門書を5冊も読んで、
それを自分なりの言葉で説明できるなら
十分に「専門知識を持っている」と言えます。

少なくとも、本物の専門家があなたのブログを
訪れることはないですし。
情報を求めている多くの人は、既にあなた以下の
専門知識しか持ち合わせていません。

つまりは、その気になれば
あなたはいつだって
「ブログを書き始められる程度」の
専門家にはなれるのです。

そうと分かれば、今すぐ書店にゴー!

いや、ネット通販などでもいいですが、
とにかくスグに始められると思いませんか?

 

で、コンテンツの種類について

ところで、そもそもの話ですが
コンテンツの種類って

  • 専門知識を解説したもの
  • 経験/体験を紹介したもの

この2つしかないんでしょうか?

他にもありそうですよね。

例えば書評ブログ。
あれは本の内容を伝え、また本の内容を
批評するわけですから専門知識のまとめとは
違ってものになります。

もしくはニュースブログ。
情報をまとめただけでなく、
ブロガーの解説や解釈が
添えられているブログがありますよね。

どちらも得られた情報を元に考察し、
自身の思考を表現しているコンテンツです。

というわけで、少なくともブログ、
もしくは文章コンテンツには

  • 知識を解説するコンテンツ
  • 経験を解説するコンテンツ
  • 思考を解説するコンテンツ

上記の種類はありそうですよね。

では、さらに自信をつけましょうか。

あなたって思考してますよね?

少なくとも生きている以上、
自分なりに考え行動しているでしょう。

であるならば

「思考を解説するコンテンツ」

って作れませんか?

例えば書評ブログであれば、
本来は読書感想文とは違うのですが。
でも、読書感想文と変わらないできの
書評ブログってたくさんあります。

読書感想文は書けますよね。

だって、小学生の頃に
夏休みの宿題で書かされますから。

生きている以上、思考している以上
自分の考えを披露するコンテンツは
絶対に書けるんです。

もしも書けないとするならば、

  • 表現することに抵抗があるか
  • 表現するのがものすごく面倒

のどちらかですよ。

で、再三言いますが、
もしもあなたの「思考コンテンツ」が
誰かにとって価値がないものだったら。

その人は読者になってくれない
というだけです。

そりゃ、極々まれに変わった人に出会い
変なコメントをもらったりすることは
あるかもしれません。

でも、そういう心配はブログに慣れ、
訪問者が多くなってきてからで十分です。

逆に訪問者が少ない今だからこそ、
自信を持ってあなたの考えを
バシバシ披露してもらいたいものです。

だって、そういうブログの方が
読んでいて面白いですし。

面白くないとファンもできませんからね。

で、こういう感じなら
なんだか書けそうな気になってきませんか。

今日の話であなたがブログを
続けられるようになってくれたら嬉しいです。
あなたのブログを楽しみにしていますよ。

気が向いたら
是非、私にも読ませてください。

それでは、今日はここまでー。

title_test

ご意見、ご質問、励ましなどありましたら
お気軽にお問い合わせください。
あなたからのメッセージ、大歓迎です!!
↓ ↓ ↓
お問い合わせフォームへ

 - ブログ, 記事の書き方