ブログ初心者への応援歌「まだ、ブログなんて書いてるの?」

ブログを使って副業したいけど、いまいち上手くいかないあなたを導くためのブログです。

オリジナリティ(個性)のあるブログを作るための考察(その3)

   


この記事の所要時間: 445

今日も前回からの続きです。

前回までの記事をまだ読んでないよ、って方は以下からどうぞ。

→ オリジナリティのあるブログを作るための考察

→ オリジナリティのあるブログを作るための考察(その2)

前回までの話では、

「オリジナリティーとか気にする前に
知識が不足している人はそこを補いましょう」

という話でした。ですが、

「知識は十分にあるけど、なぜか書けないんだよ!」

って人もいるでしょう。

ええ、もちろん良く分かってます。
私もそうでしたし。

なので、
こういうブログの書き方やコンテンツの作り方を
解説するブログを作ったのですから。

今日は、「よく分かっている分野のことなのに
文章がスラスラ書けない」という人や、

「スラスラ書けるけど、個性的な文章ではない」
という人に向けてのアドバイスとなります。

それでは、参ります。

知識が十分なあなたへ

もしも、あなたがよく知っていることについて
何も文章を書けないのだとしたら。

その理由は以下の3つのどれかでしょう。

  1. 自分の記事作成能力が劣っていると思いこんでいる
  2. 読者さんが何を求めているのか分かっていない
  3. 対象について「よく知っている」つもりになっているだけ

ですが、これらについてもそれぞれ対策はあります。

 

自分の記事作成能力が劣っていると思いこんでいる

これについては以前の記事にも書きました。

繰り返しなので簡単に言いますと、
既に文章が上手い人と比べても仕方がありません。

向上心は大切ですが、上を見ていたらキリがないですから。

それでも、今持っている自分の文章力を使って。
実際に記事を書くことでしか文章力は身につかないのです。

それに、大抵の人は相手を思って文章を書けば
十分に通じる文章を書けるはずです。

もしも不安がある人は、
試しに私にメールでも送ってきてください。

文章が伝わらなかったら、そう返信しますので。

でも、私の記事を読めている時点で、
あなたはどちらかというと知的な方のはずですが。

参考記事:実績がない初心者のためのブログ記事心構え

※なお、参考記事には別の要素も書かれていますので、
まだ読まれていない方は是非お読みください。

読者さんが何を求めているのか分かっていない

これについても以前の記事で書きました。

あなたが想定する読者像が定まっていなければ、
相手の期待する記事を書くのは難しくなりますよね。

例えば、野球のルールを説明するのに
小学校1年生の自分の子供に説明するのと、
あなたの母親に説明するのとでは伝え方が変わるでしょう。

先ほど、

「大抵の人は相手を思って文章を書けば
十分に通じる文章を書けるはずです。」

と書きましたが、まさにそうなのです。

求められているものが分かれば、書く内容も絞れてきて
スラスラと書きやすくなるものなのです。

参考記事: ターゲット設定の重要性~あなたのお客様は誰ですか?~

対象について「よく知っている」つもりになっているだけ

これは案外、難しい問題です。

なぜなら、自分自身では「良く知っているつもり」なので、
分かっていないことに気が付かない場合も多いからです。

しかし、これも過去の記事が理解の助けとなるでしょう。

要するに自分が書こうとしているテーマを
”どこまで掘り下げることができるか。”

ここを意識することで自分の理解度が分かります。

「分かったつもりになっているけれど、実際には分かっていない。」

それに気が付いた場合は、その足りない部分を補えばいいだけです。

参考記事:1記事1テーマだからこそ

スラスラ書けるけど個性的でないあなたへ

えっと、そういう人にはこの言葉を送ります。

「そこまでスラスラ書けるのに、
まだ個性がないなんて言ってるんか、お前はーー!」

いや、失礼。ですが本心です。

スラスラと自分の言葉で表現できるあなたは、
気が付いていないだけで自分らしさを持っています。

  • 書き方、あるいは言いまわし。
  • 取り扱っている話題
  • ブログ全体の醸し出す雰囲気

それらは既に、他の方のブログとは
異なるものになっているはずです。

なので、
「個性的でない」ことを心配する必要はありません。

もちろん読者さんの反応などを見て、
今後もブラッシュアップすべき点は
そうすべきだと思いますが。

それでも、まだ不安だというのであれば
それはまだ文章量が足りないだけです。

そもそも、個性的なブログというのは
ある1つの記事だけで成立するわけではありません。

記事全体の持つ統一感、雰囲気。
あなたの知識の切り出し方。

そういうものが揃ってこそなのです。
そしてそれを読者さんが感じるのは
ある程度、あなたの記事を読みこんだときなのです。

なので、個性を発揮しているブログとは
読者さんがあなたの個性を感じられるブログ。

それは、あなたの言葉で書かれた記事を
ある程度の分量、読めるブログなのです。

なので、まずはそのままの姿勢で続けてみてください。

あなたのブログがオリジナリティーあふれるものに
なることを応援しています。

もし気が向いたら、是非、あなたのブログを紹介してくださいね。

それでは、今日はここまでー。

title_test

ご意見、ご質問、励ましなどありましたら
お気軽にお問い合わせください。
あなたからのメッセージ、大歓迎です!!
↓ ↓ ↓
お問い合わせフォームへ

 - テーマ設定, ネタ探し, ブログ, 心構え, 記事の書き方