ブログ初心者への応援歌「まだ、ブログなんて書いてるの?」

ブログを使って副業したいけど、いまいち上手くいかないあなたを導くためのブログです。

私が冒頭にあいさつを書かいていた理由

   


この記事の所要時間: 417

ブログ記事の冒頭にあいさつを書いている人って
いるじゃないですか。

先日お伝えしたように、私はブログ記事の冒頭には
あいさつは書かないようにしています。

ですが、それは試行錯誤の結果でして。
以前は冒頭をあいさつから始めていました。

なので今日は冒頭にあいさつを書くことのメリットと。

昨日、今日となぜこの内容で連続して記事を
書いたのかについて解説します。

学ぶことに対して役に立つ考え方を
お伝えできるのではと思いますので、
楽しみにお付き合いください。

それでは、参ります。

あいさつって基本ですよね

先日の記事でも書きましたが、
やっぱりあいさつから始まると感じは良いですよね。

「はい。こんにちは、廣渡です。」

これが私が昔よく使っていた書き出しです。
こんな書き出しだと、

「お前誰だよ!って思われてしまうのでは…」

という人もいるんですけれど。
そこまで脊髄反射的に噛み付いてくる人って
まずいません。そもそも、名乗ってますしね。

それに書き出しが決まっていると
よくも悪くも安定しているし、楽だし。

実際、毎回同じ冒頭だと

「パターンが決まっていると楽ですよね。
私も真似してみます。」

なんてメッセージを過去にいただいたこともあります。

ですが、
別に楽だったからそうしていたわけではありません。

私が冒頭にあいさつを書いていたのは
「脳内再生してもらうため」だったのです。

「脳内再生」って?

あなたは文章を読むときに、その文章が
さも誰かが読んでいるかのように、
脳内で再生されることはないでしょうか。

この状況が私が言う「脳内再生」です。

そして、その脳内に響いてくる声は
状況により様々でしょうが。

その文章を書いた相手のことを知っていると、
その人の声やテンポで再生されることが
多いと思います。

で、私が使っていた冒頭文の

「はい。こんにちは、廣渡です。」

というのは、私が音声コンテンツを作るときに
多用していたフレーズなんです。

恥ずかしいんですが、私は人前で話したり
音声コンテンツを撮るのが苦手でして、
すぐに緊張してしまいます。

そんなとき、ルーティーンとして
このフレーズを使っているんです。

ラグビーの五郎丸選手のアレみたいなものです。

不思議と「はい」で始めるとスイッチが入って
話しやすくなるんですよね。

というわけで、
私の音声コンテンツはまず間違いなく
「はい。こんにちは、廣渡です。」で始まっており。

であるからこそ、
ブログ記事の冒頭もそのフレーズで始めると。
私を知る人は文章を私の声で脳内再生することになり、
結果として親近感が得られやすいのでは、と。

そういう効果を狙って冒頭を固定していましたし、
実際、一定の効果はあったようです。

いずれここでも音声コンテンツを披露する機会は
あると思いますので、その際は、私の理論が
あっているかどうか体感してみてください。

「でも、何でやめたんですか?」

この作戦は良くも悪くも「慣れ」の効果によるものです。

私が実際に

「はい。こんにちは、廣渡です。」

というのを聞いたことがある。
そして、それを毎日、文章で読んでいる。

この2つがそろっているからこそ、でした。

ですが、慣れすぎると刺激が不足して
物足りなくなってくるんですよね。
やっぱり、人間は飽きる生き物ですから。

それに先日お伝えしたように
検索エンジンでの検索結果の問題もあり、
現在はブログ記事の冒頭に定型のあいさつを
置かないようになりました。

で、先日も言いましたが
定型のあいさつを用意するかどうかは
あなたが決めてかまいません。

そして、ここからが伝えたいことです。

「あなたが決めてかまいません」の意味

あいさつ文の件は、些細なことなので

「あなたが決めてかまいません」

と言い続けてきました。

この意味ですが、

「どちらを選んでもいいからこそ、
真剣に考えましょう」

ということです。

もしもこれが、非常に重要な問題で
ブログを書く上で厳守すべき内容だったなら。
最初から答えが決まっているでしょう。

ですが、どちらも良いような部分は
あなた自身が考え、決定することができるのです。

その際、「あいさつは固定していた方が楽そうだから」
とか、そういう後ろ向きな理由ではなく。

「どちらが今の自分にとって適しているか。」

という視点で選択した方が、
結果的には良い選択につながることでしょう。

「どちらも良いからこそ、
より適切なものを選べる楽しみがある。」

この視点を持つことで、
ブログ記事のネタ探しも楽になり、
学びの速度も格段にアップするはずです。

それでは、今日はここまで。

title_test

ご意見、ご質問、励ましなどありましたら
お気軽にお問い合わせください。
あなたからのメッセージ、大歓迎です!!
↓ ↓ ↓
お問い合わせフォームへ

 - ブログ, 心構え, 成功への道, 記事の書き方