ブログ初心者への応援歌「まだ、ブログなんて書いてるの?」

ブログを使って副業したいけど、いまいち上手くいかないあなたを導くためのブログです。

ターゲット設定の重要性~あなたのお客様は誰ですか?~

      2016/05/10


この記事の所要時間: 335

ブログを書くときに
「誰に対して書いているか」は非常に重要です。

なぜなら、前回の記事で書きましたが読者さんは

「まさに自分に向けて書かれている内容だ!」

と感じなければ足を止めてくれないからです。

ところで、あなたのブログのターゲットは誰ですか?

「30代のサラリーマンです。」
「40代の専業主婦です。」

こういう返答が多いと思います。
ですが、これでは不十分です。

例えば、あなたが友達と歩いているときに
友達が突然倒れました。救急車を呼ばなければ!
でも、不幸なことにあなたは携帯を持っていない。

周りには何人か通行人がいます。
そうだ、彼らに救急車を呼んでもらおう。

「そこの30代のサラリーマンの人、助けてください!」

さて、この呼びかけで友人は助かるでしょうか?

確かに立ち止まってくれる人も居るかもしれません。
けれど、多くの人は「自分には関係ない」と
立ち止まってくれないでしょう。

ですが、これならどうでしょうか?

「そこの黒いスーツで水色のネクタイのあなた、
救急車を呼んでくれませんか!」

少なくとも、呼びかけられた男性は自分のことだと
捉えて、立ち止まってくれる確率は高いでしょう。

まさに、「自分のことだと感じさせて」
立ち止まってもらうという点では、ブログも同じです。

確かに一昔前だったら、「30代男性」などという
粗いターゲット設定で商品開発をすることは普通でした。

しかし、今では消費者のニーズが多様化しています。

もっともっと対象を絞り込み、
「どういう属性か」ではなく、「誰か」まで
明確にできるくらい絞り込むのが理想です。

また、そこまで絞り込めなくとも
ターゲットとなる人の価値観や悩みなど、
内面まで意識しなければなりません。

例えばこんな感じです。

自分の趣味や家族との団欒よりも
仕事を優先にしてきた40代半ばのサラリーマン。

学生時代はスポーツマンで通していたが、
大学卒業して早20年。運動らしい運動はしていない。
いわゆる細マッチョだったが、
今ではメタボリックシンドローム予備軍と診断されている。

毎朝6時に起き、片道1時間半を満員電車に揺られて出勤。
特に大した仕事も任されず、残業も長くて1時間程度。
やりがいはあまり感じていないものの、
割と時間に余裕があるので気に入っている。

趣味のテニスを再開させたいが、
住宅ローンが残っており妻には言い出せない。
友達からの飲み会の誘いも、基本、断っている。

「このまま、会社でも家でも微妙な立ち居地で
一生を終えるのかなぁ…」

それは嫌だと、偶然見つけたブログの情報を元に
一念発起してブログアフィリエイトの塾に入る。
情報教材を売ろうと半年間懸命に頑張るも、売り上げはゼロ。

ブログを開設し、訪問者もそれなりに居るのだが
ショボイ特典コンテンツしか作れないため
自信のあるセールスができないことが原因と考えている。

初心者でもできるコンテンツ作成方法を検索していて
このブログにたどり着いた。

まずは半年以内に、毎月5万円をコンスタントに稼ぐのが目標。
5万円稼げるようになったら、学生時代の趣味だった
テニスを再開し、同僚との飲み会にも参加したい。

これくらいまでターゲットを設定しておけば、
読者さんの心に刺さる文章が書けるでしょう。

なぜなら、人が感情を揺さぶられるのは
自分の秘めた欲求が刺激されたときです。

そのためには、価値観や悩みなどを知ることが重要になります。

自分でターゲットとした仮想の読者ではありますが、
その1人のターゲットに向けて語りかけることで
思いのこもったメッセージとなるのです。

不特定多数に広く発信できるのが
インターネットの利点ではありますが。
そもそも誰の心にも刺さらない文章では
いくら対象を広げたところで
誰も自分ごととは捉えてはくれないのです。

あなたも是非、自分のターゲットとなる読者さんを
具体的に細かく設定してみてくださいね。

title_test

ご意見、ご質問、励ましなどありましたら
お気軽にお問い合わせください。
あなたからのメッセージ、大歓迎です!!
↓ ↓ ↓
お問い合わせフォームへ

 - テーマ設定, ブログ